サークルホームがタダ|初期費用をグッと抑えられる

安心・安定した収益

マンション模型

減額や解約のトラブルあり

不動産の一括借り上げは、不動産管理を楽にしてくれる方法の一つです。別名サブリースとも呼ばれています。不動産会社が物件を一括して借り上げてくれる方法なので、不動産の管理に発生する手間暇を解消することができます。安定した収益を確保することができるメリットもあります。しかし自分で経営するよりは手数料分などが差し引かれる計算になりますので、収益は小さくなります。不動産経営は建物の清掃や定期的なメンテナンス、入居者の募集活動や、退去時の手続きなど時間を要することが多くなっています。しかし、これらをすべて一括借り上げでは対応してくれます。また、空室になってもその分が保証されるためリスク回避にも役立ちます。便利な反面、一括借り上げには別なリスクも発生します。国民生活センターなどにトラブルが相次いでいるのです。一つは家賃の引き下げトラブルです。これは、契約当初の家賃を継続することはありえないからです。更新時期には、家賃の見直しによる減額が発生します。減額の幅が大きいなどでトラブルになるケースも少なくないのです。収支計画を大きく変更することになるため、注意が必要な点になります。そして一括借り上げには解約のトラブルもあります。減額を断った場合などでは一歩的に解約されるケースもあります。そのため、これがトラブルに発展するケースもあるのです。楽だからといって利用することに問題はないのですが、将来的なリスクも加味して契約することが望ましいのです。