サークルホームがタダ|初期費用をグッと抑えられる

様々な目的があります

集合住宅

マンション経営をする人がここ数年で増えています。マンション経営はもともと安定した収入を得たいという人に人気がありました。ここに、相続税対策でマンション経営をする人が参入してきました。平成27年に相続税法の改正があり、基礎控除額が4割削減されています。これにより、都市部に住んでいる中流階級の多くが相続税の負担を強いられる可能性が発生し、少しでも相続税を抑えようと、現金やローンで投資物件を買う人が増えているのです。さらに、インフレーションを懸念している人もマンション経営を始めています。インフレーションが起きれば現金で保有しているよりも、不動産で保有していた方が資産の目減りを防ぐことができます。この点に着目して資産価値の高い都市部の投資用マンションを購入しているのです。相続税の節税対策やインフレーション対策で投資用マンションを購入している人は、購入目的が投資利回りの最大化ではないため、利回りにそれほどこだわりを持っていない人も中にはいます。これらの人たちが積極的に投資用マンションを購入する動きを見せることで、さらに投資用マンションの価格が上昇しているのです。このように、今、マンション経営をする目的は様々になってきました。物件価格は落ちにくい状況ともいえるので、これからマンション経営を始めようとしているのであれば、早めに行動に移すようにしましょう。物件価格は今後も上昇を続ける可能性があります。